トップページに返る美容師派遣会社美JOBのイメージ関西の美容師派遣の広告宣伝です。

美容師に求められるもの

美容師にとして成功する

大阪の美容師派遣、大阪の美容師求人会社、なら美JOB!

全国で美容室の数がおよそ24万店舗、またこの狭い日本に美容師の数が47万人にもおよびます。そしてその沢山の美容師達が日々切磋琢磨して生残り競争をしてるわけです。その美容師がこの厳しい美容界を生き残っていくには・・・そして今、美容師として自信のない方、不安を持っている方に少しでも参考になれば幸いです。
美容師として成長するには、美容師にとって大事なものとは、みんなが求める美容師とは、美容師として成功する、人気の美容師になりたかったら、美容師としての技術力はもちろん、総合的にステップアップしていくことが最も必要になります。そして知識、協調性、感受性、共感力、忍耐力、理解力などそれらを含めた人間性、など総合力が重要になります。また美容師には色んな話の引出も必要です。もちろん日々の仕事を通じて学習しながら、良き先輩や同僚、ライバル、指導者と出会うことで、日々、それらが向上していきますが、先輩、先生、または貴方の同僚、お客様やまわりが貴方に美容師として、人間としての成長を望まなければ、あなたは美容師として成長は望むことは出来ません。 そしてその辛く厳しいと思える職場環境こそが、貴方に美容師としてまた一人の人間として素晴らしい未来、将来を与えてくれるはずです。
しかしながらその厳しさに耐えられず、逃げ出してしまいたくなり辞めてしまう美容師が多いのが現実です。今、関西、大阪で美容師派遣の仕事の数は沢山あり、美容師不足ですから、その環境から逃げてほかの店を探すのは比較的に簡単です。しかしつらいときや壁に突き当たったとき、ぜひ踏みとどまる勇気、また忍耐力をもってください。大阪の道頓堀で美容師派遣をしている私も過去に大変厳しい美容室で長年勤めましたが、私がその後の大変大きな自信になったのも、その時の厳しい環境のおかげだと思っています。私どもの会社にも大阪の美容師求人希望をされている美容室からの美容師派遣の依頼が沢山入っています。お店をかわることは比較的簡単でしょう。しかしたとえ今のお店から逃げ出しても、すぐにまた次の職場でも同じような状況に突き当たり、また同じように逃げてしまい堂々巡りになってしまいます。結局中途半端なまま月日は流れていくことになります。
人間とは時として弱いのも事実です、自分に甘くなり、ついつい目の前の様々な問題を避けてしまいがちですが、自分の甘えや弱いところを見直し、ぜひ乗り越えていってほしいものです。転職は悪いことではありませんが、今の問題を乗り越えた後にして下さい。一つ一つの問題を解決し乗り越えるたびに、あなたは成長していて、気づいたときには、貴方は何処の美容室でも通用する素晴らしい美容師になっているはずです。
継続は力なり・・・です。美容師はバカでは勤まらない。まず健康(自己管理)、体力、技術、営業(会話)コンサルティング(提案)、カウンセリング、トレーニング、指導、経営(マネージメント)、税務などあげればきりがないほどの能力がもとめられます。美容師の「師」とは人を教え導く人、先生、尊敬の意を表す意味です。そしてまた良い人間関係を築くためのコミュニケーションの力がとても大事になってきます。美容技術のテクニックは普通でもコミュニケーション力が優れていると後々、可能性が無限に広がっていきます。この能力こそベーシックの部分になるのです。技術はあくまで、パーツなのです。貴方の美容師としての価値はどの位でしょうか?、 一度じっくりと自分自身を見つめてみましょう。そして、まわりの人々やお客様にとっての頼もしい存在になり、誰からも頼られる頼もしい相談役になってほしいものです。
私はこの美容界に入ってから数えきれないほどの美容師さん、美容室の経営者と接してきました。大阪の美容師求人や大阪の美容師派遣の仕事を長くしてきて、かならずいえるのがいかに自分に厳しくあれるかということです。いろいろな場面、時間、時代をとうしてぶれない自分であること、つねに自分を第三者の目で見つめ、そして物事に感謝の気持ちをもってのぞみ自分の啓発に努める美容師にしか美容師としての成功は無いという事ははっきりといえます。すべては、あなたの明るい未来、人生のために・・・



だいぶ前の話ですが、テレビやちまたで(一日一善)という言葉がすっごくはやりました。
当時は一善の意味を人の命を救う、お年寄りの思い荷物をもってあげる、溺れている人がいれば
飛び込んで助ける、など大層な意味と理解していました。が当然誰もが、私を含めて回りも
そのような場面に出会わず、そのような機会があるはずもなく、毎日ただ学校でも家に帰っても標語や合言葉のごとく
あふれていました。あまりにも漠然で現実味のない言葉でした。あるときその一日一善の一善を(人の笑顔)
に置き換えたら、私にも出来るのではと。通勤途中であうティッシュ配りの人、仕事で出会うお客様、スタッフたち、色んな場面で
一善が実行できることがあふれていることに、気付きました。。特に仕事中に接するお客さまの笑顔が見たくて
この仕事を長年続けることができたといえます。


技術面を除いてですが、大事なことはお客様が最初に接する瞬間のスタイリストの(仕草、表情、態度)第1印象ですね。
美容界以外でも通じることでしょうが、毎日様々な接客業の接客に接してみて、印象の良い、悪い、たくさんあると思います。
同じ接客業である美容師は常に相手からどう思われているか、どういう接し方がベストか常にアンテナを鋭くしておく必要があります。
今テレビなどでメンタリストという人がいますが、彼によると人間の顔には細かく分けると100以上の筋肉で出来ていて、どんなに
ポーカーフェースを装っても必ず微妙に顔の筋肉にでるといいます。私はある時よりお客様が帰るときお見送りするときのお客様の
の表情で、ほとんど次回の来店して下さるか、そうでないか分かるようになりました。お客様が技術をうけて、決して短くない時間を
共有する、そしてお客様がどう考えているか、最高に満足している、ある程度満足している、なんとも思ってない、少し不満、大変不満
その思考は必ず顔の表情のどこかにでます。そして常に意識して注意深く観察しながら、毎日反省、接客の啓発、修正を続けることが、
素晴らしい美容師を作り上げる秘訣だと考えます。


大阪道頓堀の美容師派遣会社、 美JOB
℡ 06-6213-8227
fax 06-6213-8229
(営業時間外 090-9097-1110)
✉ be-job@docomo.ne.jp
〒 542-0071 
大阪市中央区道頓堀2丁目1-7サン道頓堀ビル3F
各線難波駅地下25番出口道頓堀方面へ1分
(岡本商會川向)

 

美容の天使美容師派遣新聞TOPに戻る