憧れる職業美容師理想と現実

憧れの職業、美容師なのに・・・・

美JOBイメージ

大阪の美容師派遣、大阪の美容師求人美JOBの考える美容師の理想と現実

流行に敏感でおしゃれなイメージのある美容師という職業。日本のある団体が発表した2015年度の「小学生の将来なりたい職業ベストランキング」では、美容師は小学生女子のなりたい職業5位にランクインされるなどしていて、毎年女の子の憧れの職業なのです。
ですが、その労働環境や待遇はあまりよくないのが今の美容界の現状のようです。初めて美容室に勤めて3年目までのの美容師の退職率はなんと約70%を超えるというデータもある。そして美容師の待遇の悪さとハードさはメディアやネットでもたびたび話題とになり、有名なネットの書き込みサイトになどに「美容師ブラックすぎ」という書き込みが立ったということもあり、この少子化の時代、や美容学校の学費の問題でますます新しく美容師になる美容師を続ける人数が減り続けるという現象は続いていくようにおもわれます。お客様優先的だけではもうこれからは美容室経営はたちゆかなくなる日も近いはずです。某大手広告会社で起きた事件で会社幹部が逮捕という事件も起きています。やはりこういうところを改善していくことだけが、若い人材が憧れるに値する職場にすることが美容室の繁栄、につながるとおもいます。大阪の美容師派遣、大阪の美容師求人美JOBの考える美容師の理想と現実(美容室の経営者一人で営業するしかない)そしてまた営業時間終了後は遅くまでレッスン、レッスンの日々、しかし手取りは10万円台の後半というありさま
、まとまった休みも無しのお店もほとんどで、求人票には有給休暇ありと書いてありますが、形だけでほとんどの美容室で有給休暇は取れていないそうで、一般企業などと比べるとそれだけでもブラック企業です。
美容師はお店に拘束時間される時間が長いことでも知られている。ある調査会社によると、多くの美容室では、技術向上のための時間を営業終了後に設けているが、その時間は無給のところがほとんどという。

また、休日返上で練習することもあり、その場合はアシスタントだけでなく、スタイリストもその時間拘束されることになる。
しかも給与も低い。統計によりますと、2015年度の美容師さんたちの平均的な一年の収入は284万円。平均的な月収にすると23万円であり、手取り額にすると10万円台後半となる。だがこの額は店長やスタイリストなどを含めた平均額であり、アシスタントであればさらに低くなり。やはりそれでは長くつとめて生活をたてられないし、独立するか転職・結婚して職場を離れるかしか選択がなくなってきます。
この厳しい人材不足を乗り切るには・・・待遇改善を真剣に取り組む勇気と実行力を持った経営者だけが生き残っていくのでしょう。

大阪の美容師派遣、大阪の美容師求人美JOBの考える美容師の理想と現実


大阪で美容師の派遣会社、美容師紹介会社をお探しなら20年以上の実績がある大阪道頓堀の美容師派遣会社美JOB で!転職や求職をお考えならお気軽にお問い合わせください。あなたの希望を美容師経験豊富な担当者に相談してください。

大阪道頓堀の美容師派遣会社、美JOB

☎ 06-6213-8227  fax 06-6213-8229
(営業時間外 090-9097-1110)
✉ be-job@docomo.ne.jp
〒 542-0071
大阪市中央区道頓堀2丁目1-7サン道頓堀ビル3F
(岡本商會川向)

仕事TOPに戻る